外国人材養成校Foreign human resources training school
9:00~17:00(月~金)
神奈川県藤沢市長後 1279 ACADEMEIA 湘南ビル

入国制限について

水際対策強化に係る新たな措置

外国人の新規入国については、原則として全ての国・地域からの新規入国を一時停止し、「特段の事情」がある場合に限り、新規入国を認めることとしているところ、下記(1)又は(2)の新規入国を申請する外国人については、日本国内に所在する受入責任者が、入国者健康確認システム(ERFS)における所定の申請を完了した場合、「特段の事情」があるものとして、新規入国を原則として認めることとなります(観光目的は認められません。)。
(1)商用・就労等の目的の短期間の滞在(3月以下)の新規入国
(2)長期間の滞在の新規入国
※上記措置は、令和4年3月1日午前0時(日本時間)以降に入国・帰国する方で、事前に申請を完了した方を対象とします。

実施要領(入国者が実施する事項・抜粋)

入国者は、以下の主な事項を実施することになります。

1.入国前:

◆出発前72時間以内に検査を受け、「陰性」であることを確認する。
◆滞在した国・地域に応じて、検疫所が確保する宿泊施設で待機し、検査を受けていただきます。
◆待機期間中における公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存・提示、
  接触確認アプリの導入等について誓約いただきます。
◆スマートフォンの携行、必要なアプリの登録(MySOS、COCOA)
(WEBより回答し、QRコードを作成してください。QRコードはスクリーンショットまたは印刷し、検疫時に提示)
◆待機期間中における健康フォローアップのため、検疫時にメールアドレス、電話番号等の連絡先を確認します。
◆ワクチン接種証明書の用意

2.入国時:

検疫時に提示・提出:
 ◆査証貼付の旅券
 ◆検査証明書 (出国前72時間以内のもの)
 ◆検疫所が確保する宿泊施設での待機・誓約書
 ◆必要なアプリを利用できるスマートフォンの所持
 ◆質問票(WEBより回答し、QRコードを作成してください。QRコードはスクリーンショットまたは印刷し、検疫時に提示)
 ◆ワクチン接種証明書

3.入国後:

◆公共交通機関の使用について
 入国後の待機のため自宅等まで移動する際は、公共交通機関の使用が可能となります。ただし、入国時の検査(検体採取時)
 から24時間以内に移動が完了し、かつ自宅等までの最短経路での移動に限ります。

◆入国後の自宅等待機期間の変更等【詳細はこちら
 
◆待機期間中は厚生労働省が指定するアプリ(MySOS)で健康状態報告を求める通知、現在地報告を求める通知、
  居所確認のためのビデオ通話に応答することを求める通知に対応する必要があります。

入国対応

1
成田空港・羽田空港
待機施設へ移動
・送迎
・スタッフによるオリエンテーション

2

待機期間
・食事対応(朝・昼・晩)
・リモート授業 (日本語)
・健康チェック/報告
・夜間休日の安否/安全確認
・緊急対応

3

待機後
弊校へ移動
・送迎
・スタッフによるオリエンテーション

4

講習期間
・対面授業

5

組合様・実習先へ移動
・基本は組合様による送迎
・弊校による対応も可能
(応相談・費用別途)
費用について