外国人技能実習校 Intern School of Technical Training

0466-53-4500

10:00~18:00(月~金/祝日除く)

神奈川県藤沢市長後 1279 ACADEMEIA 湘南ビル

理事長ごあいさつ

戦後、ASEAN 地域の発展の旗手といわれてきた日本は今、様々な面で岐路に立たされています。最近では自由主義圏の理念とされてきたグローバリゼーションに逆行する動きが各国で起こっています。しかし、こと日本に関してはこの理念をベースに日本独自の姿勢で近隣諸国との健全な協力関係を構築していくことが重要且つ肝要だと思います。

 

開発途上国とされてきたASEAN 各国が目覚ましい発展を遂げている今、各国との協調関係を構築していくためには、やはり「人と人の交流」特に若い世代の交流が不可欠です。その面において今回施行された外国人技能実習制度はまさに日本が今までに築き上げてきた近隣諸国との関係をより深め、更なる国際交流・国際貢献を可能にすると思います。

 

当アカデミーは平成28 年11 月28 日に公布された技能実習法に基づき、開発途上地域の経済発展を担う「人づくり」の一翼を担うために創設されました。技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護を図るために定められた入国後の法定研修を適切に行う機関として、経験豊富な講師陣を配しております。更には来日した実習生の心細い不安な気持ちを少しでも緩和して頂くために日本文化の紹介や日本の童謡の歌唱指導など独自のカリキュラムも用意しております。当アカデミーが多くの実習生の日本における母校( 故郷) として大きな希望と夢と輝く未来を提供出来ればと節に願っています。確実に、着実に、そして誠実に、お預かりした実習生を大切に育ませて頂きます。

理事長 皆川 一

みながわ    はじめ

施設紹介

校舎外観

研修ルーム

施設概要

 

●所在地/神奈川県藤沢市長後1279 ACADEMEIA 湘南ビル

●総面積/ 944 ㎡

●研修ルーム/ 80 ㎡ ●食堂/ 35 ㎡ ●居室/ 20 ㎡~ 32 ㎡  計13 部屋  ●浴室/ 20 ㎡ ×2

●事務所スペース/ 93 ㎡ ●倉庫/ 47 ㎡

●受け入れ生徒数/ 40 名

●その他/全館Wi-Fi 完備

校舎は2018 年にキャリアクルーズアカデミー開校のため新設された施設です。40 人までの技能実習生が安全で快適に生活が送れるよう、また講習を集中して行えるように細心の配慮を持って神奈川県藤沢の地に創りました。施設は富士山が一望でき、目の前には広大なぶどう畑が広がっていて近隣には新鮮な果物や野菜の直売所もあります。実習生にとってもこの様な落ち着いた環境の中で講習期間中の約1ヵ月を健やかに過ごせ、新たに挑む各企業様での技能実習に対しての良い準備期間となります。

寮の居室内(4人部屋)

各部屋にキッチンを完備

居室は13部屋

職 員 紹 介

キャリアクルーズアカデミーでは技能実習生が受け入れ企業様でスムーズに技能実習を行えるように基本的な日本語講習などの法定講習はもちろん、マナーや日本の習慣など全方位での教育を心がけています。言葉や風習が全く違う国で実習生ができるだけ不安を感じない様、また不安を感じてもポジティブに考える事ができるような実践的な講習を行っていきたいと考えています。

CCA 校長

吉年 和彦

CCAの運営母体である株式会社アカデメイアの湘南台研修センターでセンター長を務め、また主席講師として外装劣化診断士等の人材育成に長年従事してきた。最近ではガーデニングと錦鯉の飼育にはまり、CCA の花壇と池の鯉の飼育担当を兼任している。

CCA 教員

吉田 貴彦

(日本語・韓国語・インドネシア語学習担当)

インドネシア大学BIPA卒業後、貿易商社で海外駐在員として勤務、その後、得意な外国語を活かし、外国人技能実習生、留学生に関わる業務に従事。母国を離れ、異国で不安を抱ている外国人実習生の気持ちを少しでも癒せるようフレンドリーに接することを心掛けている。

CCA 通訳・翻訳

( ベトナム語)

NGUYEN VAN MUNG

( グェン バン ムン)

2015年4月来日、国際アカデミー日本語学院を修了した後、東京国際ビジネスカレッジの国際コミュニケーション学科日越通訳翻訳コースを卒業。日本での生活経験を活かし、日越通訳翻訳と技能実習生の技能実習責任者、生活指導を兼務。将来は全国の企業に技能実習生が少しでも役に立てるようにフォローしてあげたいと考えている。

CCA 教員

西嶋 恵子

(福祉介護講師・日本語学習担当)

昭和女子短期大学卒業、防衛庁勤務を経て、介護福祉士になる。国防という国を守る大切さもさることながら、高齢者の健康生活を守るという福祉介護の大切さも実感。そこで、これからの日本の福祉介護に絶対不可欠な外国人技能実習生及び留学生の育成に誠心誠意関わっていくことを信念にしている。

CCA 主席指導官

鈴木 英昭

大手リフォーム会社で長年戸建て住宅の建物診断に従事。診断数は5千棟を超え業界随一。診断後の提案力により多くの引き合いを頂く。また診断士要請に注力する傍ら住宅セミナー講師として啓蒙活動及び社会貢献に努めている。外国人技能実習生に対しては人生経験を活かし異国の兄のような心を持ち接したいと考えている。

CCA 教員

( 日本語学習担当)

石川 明美

東洋女子短期大学卒業、「文教大学の父母と教職員の会」の役員として日本における教育の在り方を提言してきた。またボーイスカウトの指導員を長年務め青少年の育成にも尽力し、その後、外国人技能実習生入国後法定研修機関で日本語指導員を経て現職へ

CCA 教務主任

外川 照美

外国人技能実習監理責任者、技能実習責任者、技能実習指導員。銀行勤務を経て、経営コンサルティング会社の取締役に就任、その後、CCA の運営母体である株式会社アカデメイアへ転職、総務課長を経て現職へ

CCA スタッフ

( チーフディレクター)

長谷川 勇

東海大学卒業、大手フランチャイズ事業会社に25年勤務。その間、病院の衛生管理業務、総合健診センター等の立ち上げを手掛け、特に保健医療福祉分野での事業開発・組織開発・人材開発・サービス開発等で多くの実績を残している。

受け入れ対象国について

外国人技能実習制度の受け入れ対象国については制度の趣旨に沿い、ベトナムをはじめとするASEAN 諸国を主な対象国としています。キャリアクルーズアカデミーの第一期生は全てベトナムからの実習生ですが、今後対象国を拡げていく予定にしています。それに伴い下記情報欄も更新いたします。

ベトナム社会主義共和国

 

通称 ベトナムは、東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和国。首都はハノイ。ASEAN 加盟国、通貨はドン、人口9,250 万人(2014 年末)政体は社会主義共和制。ベトナムの統治体制は、ベトナム共産党による一党独裁制である。

ベトナムの国土は南北1,650km、東西600km に広がる。インドシナ半島の太平洋岸に平行して南北に伸びるチュオンソン山脈(アンナン山脈)の東側に国土の大半が属する。ベトナムでは公式に認められている民族が54 あり、そのうちキン族(ベトナム族)がもっとも多く、全人口の85% から90% を占める。

世界銀行の統計によると、2016 年のベトナムのGDP(国内総生産)は2,052 億ドル。一人当たりのGDP は2,060 ドルである。

 

中華人民共和国

 

通称 中国は中華民国統治下の中国で東アジアに位置する主権国家。首都は北京市で、人口は13億8千万人以上であり、世界一人口が多い国。

中国の国土は面積9,634,057km2中華人民共和国の行政区分は台湾省を含む23の省、5つの自治区、4つの直轄市、及び2つの特別行政区から成る, GDP18兆088億ドル一人当たり13.224ドルである

中華人民共和国憲法第一条で社会主義国家であることを明言しており、中国共産党が国家を指導する。政治面は中国共産党が指導的地位を有するヘゲモニー政党制であり、経済面は中国特色社会主義を採用している。

 

ミャンマー連邦共和国

 

通称 ミャンマーは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦、通称ビルマ、 首都はネピドー(2006年まではヤンゴン)。ASEAN加盟国、通貨はチャット、人口約51,42万人(2014年),GDP3298億ドル一人当たり6265ドル。ミャンマーの国土は676,578km2南西はベンガル湾、南はアンダマン海に面する。南東はタイ、東はラオス、北東と北は中国、北西はインド、西はバングラデシュと国境を接する。インド東部とミャンマー南西部はベンガル湾を挟んで対しているほか、ミャンマー南沖にインド領アンダマン・ニコバル諸島が位置する。

多民族国家で[4]、人口の6割をビルマ族が占め、ビルマ語が公用語である。他に、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、シャン族、北東部に中国系のコーカン族[5]などの少数民族がおり、独自の言語を持つ民族も多い

スリランカ民主社会主義共和国

 

通称 スリランカは、南アジアのインド亜大陸の南東にポーク海峡を隔てて位置する共和制国家。首都はスリジャヤワルダナプラコッテ。

1948年2月4日、イギリスから自治領(英連邦王国)のセイロンとして独立。1972年にはスリランカ共和国に改称し、英連邦内の共和国となり、1978年から現在の国名となった。

人口は約2120万(2016年)である。面積65610 km2。GDP1,360億一人当たり6530ドルである。島国で、現在もこの国が占める主たる島をセイロン島と呼ぶ。国名をスリランカに改称したシリマヴォ・バンダラナイケは世界初の女性首相である。また、国民の7割が仏教徒である。

ブータン王国

 

通称 ブータンは、南アジアの国家。北は中国、東西南はインドと国境を接する。国教は仏教(ドゥク・カギュ派)。民族はチベット系8割、ネパール系2割。公用語はゾンカ語。首都はティンプー。人口は約697,000人である。面積38,400 km2。GDP47億ドル一人当たり6370ドル(2013年)である。通貨はタルタム(BTN)

政治は立法、行政。経済は農業、労働力、日本との関係は1964年当時のブータンの農業の収穫は非常に少ないもので、状況を改善すべく、海外技術協力事業団は農業技術者として西岡京治を派遣、彼はブータンの環境が日本の農業技術使用に適合している事を発見し、翌年の1965年には多くの収穫を得る事に成功。その後もブータン農業の改善に尽くした事から西岡は1980年に国王からの称号を授与され、1992年に没するまでブータンで仕事を続けた。外国人としては初の国葬で葬られ、現在も「ブータン農業の父」として敬われている。

CONTENS

本校について

◯理事長ごあいさつ

◯施設紹介

◯講師紹介

◯受入対象国について

プログラム内容

◯講習プログラム

◯一日のスケジュール

◯実習生インタビュー

求人について

◯外国人技能実習制度について

◯対象職種

◯技能実習生受入までの流れ

◯受入企業様負担費用について

よくある質問

◯よくある質問 Q & A

運営会社

◯企業説明

Ⓒ Copyright Careea Cruise Academy 2018. All Rights Reserved.